明日目が覚めたら 僕は

「秘密」二次創作サイトです

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

月光梅

 15, 2017 23:18
上京してから何年経っただろう。

コンクリートの道を淡々と歩く。
ただ無表情に。
ただ当たり前のこととして。


毎日通るこの道だが、
ふと角を曲がると
一瞬懐かしい香りが鼻をかすめた。

青木はクンクンと犬のように鼻を動かす。

―――
一瞬立ち止まって
周りを見渡すととあるビルの片隅に
その存在を見止めた。


「ああ。梅が」

思わず近づいてその小さな可愛らしい花の
香りに一瞬酔う。


春だなあ。

都会の片隅に見つけた春が。
毎年変わらずに訪れる春が。


今年はなお愛おしい。




―――


「今朝。梅が咲いていたんです」」

ベッドに横たわる愛おしい恋人の髪をそっと
撫でながら青木は静かに語りかける。


「梅?」


胸の中におさまっていた彼が
少しだけ首をかしげながら青木を上目づかいで見つめる。


福岡の実家の庭に梅の木があって。
時期がくると梅酒を作るくらい立派な樹で。

その梅が咲くと春だなって
小さいとき父が良く言ってたんです。

「そうか」
優しい声でその話に耳を傾ける彼は。
多忙な毎日の中で疲れているであろうに。
なぜか嬉しそうに見えた。


「不思議なことなんですけど。
梅が満開になる日はいつも満月なんだって
父が言ってました。真意は分からないんですけど」


そう言うと薪は少し考えて

「「願わくは花のもとにて春死なむ その如月の望月のころ」

と呟いた。
まあ、桜という説が有力だがな。

淡々とそう説明する様は
まるで情緒もないが、

その情景を西行ではなく、
自身の恋人に置き換えて想像すると

あまりにもしっくりときて
思わずぎゅっと彼を抱き締める。


なんだ。
どうした。

と訝し気に青木を見つめる彼の
その美しさと気高さに。

何度恋に落ち
何度恋い焦がれるのだろう。


「花に埋もれているあなたを想うと。
この世のものとは思えないほど美しいだろうと
想うだけで苦しくて。」

そう言いながら青木は
繋いだ指を絡めとりながら
そっと口づけ、
柔らかなその髪をそっと優しく撫でる。

その手の感触が
しだいに力強くなっていくのを感じながら。
薪は目をそっと瞑り、その強さに身を任せる。

自分の身体がすべて覆い被されるほどの
その体格に圧倒されながらも。
僕はこの腕に。
この胸に。

全てを預ける。


この今だけの瞬間は。
なんの制約もない。

自由な意思で、
目の前の恋人を直視し。
見つめ見つめ返されることの
至福に酔うことができる。


かつてのように。
見つめることの罪に。
想うことの苦しさから
逃れられぬと思っていたのに。

この大男は。
まるで僕の心をすべて知っているとでも。
分かっているとでも言うように。


「もう。あなたはご自分を許してあげてください」
とそう言って何度も抱き締めるのだ。


そんなに。
僕は
何かに囚われているようにみえるか。

そんなに。
僕は。
自分を抑圧しているようにみえるか。


こういう関係になってから
僕は何度もこいつに問いかける。


そう言うと必ず
優しい微笑みで僕を抱き締める。

ただ。

そうただ。

抱き締め続ける。
僕の身体の緊張が溶けるまで。


―――


初めて。
僕たちの関係が変わったあの日。


この部屋のこのベッドで。
恐る恐る手を差し伸べたあの夜。

僕は泣いた。

閉ざしていた心の奥の。
感情が堰を切って漏れ出した。


そんな僕に
そっと手を差しのべ
そっと抱きしめる恋人に。

僕は救われている。


そう。
今のこの時と変わらない優しさで。


今年の春は。
そう。


いつもより
もっと。






スポンサーサイト

COMMENT - 2

Sat
2017.04.01
23:25

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2017.04.09
23:40

柏木 けい #-

URL

Re: こんばんは。

ē様、こんばんは。
乙女です。
とてもキュンキュンします。
望月は青木君で!

しかし、
コメントへの返信遅くなってごめんなさい!!
久しぶりに自分のブログ見ました。

今月はやっとメロディの月だと思うと
心がウキウキします。

私はe様の作品大好きです。
最近原作の青薪の関係性も以前よりコメディ色も出てきたように
感じていましたし、なにより薪さんが幸せなところが
私きゅんきゅんしております。

そして青木君なら薪さんを受容してくれそう。
という期待感と。もうちょっと勇気を出して
薪さんにはその手を掴んでほしいという気持ちもあって
そういう二人の関係性を書きたいなと思っております。

西行のこの和歌、まさにお花に埋もれる薪さんの作品が心に
残っていて出させていただいておりました。

わ、同じように感じてくださる皆様がいらっしゃるんですね。
嬉し!

こうしてコメントいただけると
また書きたいモチベーションが上がります。

ありがとうございます!!



Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。