明日目が覚めたら 僕は

「秘密」二次創作サイトです

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

憧れの人(1)

 28, 2016 23:37
お前はなぜそう
生き急ぐような生き方をするんだ


昔。
遠い昔。

そう言った男がいた。

今思えば。
生き方を知らないだけなのだ。

------
「僕の親戚?」

受付から内線がかかってきたのは月曜の朝9時半。
休み明けのバタつく時間帯だ。

僕の知り合いだ。
親戚だ。

という他人たちから
電話や手紙がこの職場に届くことは
そう珍しいことではない。

マスコミに出る機会もあるし、
新聞で見解を述べることも
ここ最近科警研の所長になってからは特に
増えてきたように思う。

そんな中で僕という人間に興味を持つ
人も団体もある。

警察庁という組織に守られている自分であっても
どうにかしてコンタクトを取るために
あらゆる手段を使うのもそう珍しいことではない。




「ああ、申し訳ないが断ってくれ」と
にべもなくそう受付からの電話にそう答える。


いつもなら、「はい」と素直に答える電話の
相手が、その時は黙ったままだ。


もしもし。
と再度確認すると、
思わぬ言葉が返ってきた。



「あの。でも。 安田様というご老人が
どうしてもと・・」






スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。