「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
外科室(オマケ)
この部屋は
いつも整っていて

無駄なものが何もない。

忙しいこの人は
この部屋を

いつ掃除するのだろう。
そんなことを考えながらも
窓に映る東京の夜景を眺める。


福岡の実家にいるときとは
まるで別世界。

煌く小さな灯りが
無数に輝き

そしてふと視線を内側の部屋に落とすと
同じように外を眺める彼の姿が見えた。

続きを読む
スポンサーサイト
page top
外科室(10)
やっと捕まえた。

彼は僕の腕をつかんで
そう言った。


どこから走ってきたのか、
息が上がっていて、
せっかくの一張羅のスーツが
乱れていた。

――

必死に追いかけて
彼を捕まえた瞬間。

とっくに終わったはずの
気持ちが動き出しだしそう
だと思った。

――


続きを読む
page top
外科室(9)
会場内は人でごった返している。
内輪で、と言いながらも
マスコミも何社か入っていて、
この会の本当の意味を
改めて思い知らされた。


続きを読む
page top
外科室(8)
あれから何年経っただろう。

あの日を最後に
彼ともう会うことはなかった。

風の便りに
聞くことはあっても。

僕の記憶の彼は
悲しそうな笑みを浮かべている。
続きを読む
page top
外科室(7)
シャンパンの細かな泡が
上がっていく様が
キレイだなと思った。

その泡の先にぼんやりと
写しこんだ彼の表情と
泡が妙にしっくりきて

ああ、泣いているのだなと。
納得した。



続きを読む
page top
外科室(6)
あれから何年か過ぎ、
彼と会う機会も減ったが
ある日彼からメールが入った。

夏のやけに蒸している
そんな昼の。
中途半端な時間帯だった。



続きを読む
page top
外科室(5)
*R 
ご注意ください。

―――


だいぶ髪が伸びたな。

組み敷きながら彼の顔を
じっと眺める。

前髪がだいぶ邪魔じゃないか。
そう言ってそっと掻き上げると
頑なに目を閉じている。
続きを読む
page top
外科室(4)
僕らの関係は
彼が自宅待機になってからも
しばらく続いた。

当初は。
そういう関係になれた
ことだけで十分だと思ったのに。

続きを読む
page top
外科室(3)
あの頃のことは
あまりよく覚えていないんです。

思い出したくもない。

久しぶりに会った彼はそう言って
僕を見上げた。

―――------
-------―
続きを読む
page top
外科室(2)


第九がたいへんなことになっていると
永田町でも話が上がっていた
そんなころだった。


狂気じみた脳をみた捜査員が
次々と死んでいったらしいと。

そしてその最愛の部下を殺して
残った薪という男がいると。


―――
続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。