スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

柳は緑 花は紅(12)

 17, 2016 00:16

きれいな目をしてるんだな。

そう僕の目をじっと見つめて
その瞳の中に映る自分の姿を
探るように深く深く見つめられた。
スポンサーサイト

柳は緑 花は紅(11)

 16, 2016 23:44
ベッドに腰かけながら
一雅は僕の頬をそっと優しく撫でた。

そして手にいれた獲物を目の前にして
絶望的に悲しそうな顔をして見せた。

柳は緑 花は紅(10)

 09, 2016 23:47
ひとしきり
海で泳いで、別荘に戻るころには日も暮れかけていた。

夕暮れがやけに色っぽくて。
なんとなく。


この場所に鈴木がいないことに
心細さを感じている自分がいる。

柳は緑 花は紅(9)

 08, 2016 23:47
いいところだな。

車から降りて別荘の庭から見える海を眺めると
薪はそう呟いた。


柳は緑 花は紅(8)

 08, 2016 11:20
「薪君。今度一緒に別荘に行かないか。」
少しだけためらいながら彼はそう僕に言った。

もしかしたら。
何度も言いかけたことがあったのかもしれない。
いつもと違った硬い表情を
僕は上目遣いにじっと見つめた。

柳は緑 花は紅(7)

 02, 2016 23:44
被害者である一雅の父柳教授は
ある意味敵の多い人物だった。

だから、他殺体で見つかった時も、
彼を憎む人間は少なからずいて

当初は第九を通すまでもなく、
ほどなく犯人は見つかるのではないかと
言われていた。


にもかかわらず。
この案件が回ってきたとき。
僕は。

なぜか一雅の顔が思い浮かんだ。

柳は緑 花は紅(6)

 02, 2016 00:05
取調室で、静かにまっすぐに前を見ているのは
まぎれもない。

柳一雅だった。

だいたいの容疑者が。
取調室ではうなだれるか。もしくは
開き直ってふんぞり返るか。

柳は緑 花は紅(5)

 01, 2016 23:35
「薪、最近よくつるんでるあいつ、誰?」

久しぶりに学食を鈴木とともに取っていると
ちょっと眉を寄せて鈴木が遠慮がちにそう
問いかけた。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。