「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
葉桜のころ(2)
あのアンドロイドは結局どうなったんだっけ


数か月前に見た映画の話を俺は今
渋谷の人が絶え間なく行き交う道を歩きながら
隣の彼女にそう尋ねた。
続きを読む
スポンサーサイト
page top
葉桜のころ(1)
大学デビューという言葉以前に。

僕にとっては何もかもが初めてのことだった。
続きを読む
page top
タナトス

「あいつに殺されたい。」
続きを読む
page top
同級生
「長町。薪見なかったか」

そう聞かれてつい
「さあ、知らん」
とつい知らぬふりをしてしまったのは
なぜだろう。
続きを読む
page top
春の嵐(17)
「こういうことはやめたほうがいい」

冷静なその言葉は
紫乃の衝動的な行為を
優しく諫めるものだった。


続きを読む
page top
春の嵐(16)
2か月後・・。


「そうなんですよ。
もしかしたら薪さんに
果敢に挑む女子2号になるかと
期待してたんですけどぉ。」


と法一の研究室のラウンジで携帯片手に
話し込んでいるのは美人女医のスガ女史。
相手はもちろん育休中の雪子さんだ。
続きを読む
page top
春の嵐(15)
ああ天野、この部分の出典はどこから?
そこの記載を確認して。

と隣で上司のレポートのチェックを真剣なまなざしで
受ける部下ははい、と静かに返事をしながらも
あきらかに残念そうな顔をしているのだが
もうそれもかれこれ30分以上経つ。


続きを読む
page top
春の嵐(14)
薪さん、天野さんの指導教官を買って出たって本当ですか。
と青木が帰り間際に迎えに上がろうと所長室に来たときにそう話しかけた。

カフェテリアで噂になってましたけど。

ああ。
他に見る奴がいなくてな。

と表情も変えず目の前の資料に目を通しながら
薪はそう答えた。

続きを読む
page top
春の嵐(13)
「防犯画像の解像度の高度化の可能性と運用について・・か。」

まあ、悪くないと思うが。
と薪は渡された書類をぱらぱらとめくりながら
そう呟いた。
続きを読む
page top
春の嵐(12)
かわいいな。
と勅使河原は彼女が駅から降りてきた瞬間を見て
そう思った。

周りの学生もふと振り返るほどの可愛らしさだ。
4月に研究所に入ってきたときも驚いたが、
この数か月の間に、彼女は驚くほど
垢ぬけてきれいになった。


東京での生活と
そして恋する気持ちが
彼女を以前にもまして輝かせているのだと思う。
続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。