「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
柳は緑 花は紅(1)
さすがに連日仮眠室が続くと
身体にこたえる。

ソファに横たわりながら薪は
口には出さずにそう心の中だけで吐き出す。


続きを読む
スポンサーサイト
page top
柳は緑 花は紅 (2)
「薪さん、よろしいですか」
と遠慮がちにドアの向こうから声が聞こえてくる。

思っていた通りの時間で。


続きを読む
page top
柳は緑 花は紅(3)
一雅と出逢ったのは。
大学3年のころだ。

「ねえ、この講義の場所ってどこ?」

廊下でおずおずと僕に話しかけてきたのを
今でも覚えている。
続きを読む
page top
柳は緑 花は紅(4)
まるで。
コーヒーをこぼした床を
拭くかのような表情だった。


冷静で
静かに床の血をふき取っている。



ああ。こういう表情を僕は
かつて何度も見たことがある。

続きを読む
page top
柳は緑 花は紅(5)
「薪、最近よくつるんでるあいつ、誰?」

久しぶりに学食を鈴木とともに取っていると
ちょっと眉を寄せて鈴木が遠慮がちにそう
問いかけた。

続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。