「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
初恋の人
「すみれ、すみれ、だよね」
パリの病院の門を出ようとしたときに
ふと話しかけられて
どきっとした。
12月初めの底冷えするパリでのことだ。

続きを読む
スポンサーサイト
page top
再会(1)
日本に戻ってからは
仕事に忙殺される日が続く。

第九に限らず
科警研という包括された組織の所長として
それぞれの研究室での捜査に携わり、
事件に直面する日々。

本来の職務は、
自分の居場所は
ここ、という意識が
否応なしに
帰国してから強まっていく。
続きを読む
page top
再会(2)
その日の夜、パリは大雪が降った。
外の様子をみて少し不安になる。

年末に入りお店もほとんど閉まっていて
ボスも今年の営業を昨日で終え
アントワープに帰って行った。

今パリの自宅にいるのは私と
猫のモティだけだ。

続きを読む
page top
記憶
東京の春の日差しがまぶしい。
窓際のソファに寝転がる僕の隣で
6歳になる息子が寄りそって
本を読んでいる。

パパ。
と不意に声をかけられる。

「どうした」と答え、僕は読みかけの専門書を
静かに閉じる。

続きを読む
page top
パリでの生活
まま。まま。
帰って来てから私を呼ぶ声がする。

最近詮は少し言葉が話せるようになった。
フランスとベルギーを行ったり来たりしている
私たち親子の会話はフランス語と日本語が
入り混じっている。彼は日本という国をまだ知らないけれど。

詮が産まれたとき、彼はパリに来たけれど、
その後はお互い会うこともなく毎日が過ぎる。
続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。