「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
僕の秘密(1)
早朝の羽田エアターミナルに来ることなんて
珍しいことではない。

いつも通りひとけは少なくて閑散としている。
開放感のあるその空間をただ僕は
いつもと変わらずルーチンに歩く。


それなのに。

今朝の僕は
いつもと違くないか?

冷静であるか?
落ち着いているか?
続きを読む
スポンサーサイト
page top
僕の秘密(2)
福岡にある第8区へついて早々
受付の女性に
「青木室長とアポイントを」と告げる。
年に数回も訪れないこの場所に
自らの用事で会いに来るなんて。

科警研の薪所長のその美貌の顔に
顔を真っ赤にしながら
内線番号をかける女性職員。

「あ、あの、か、科警研の薪所長がいらっしゃいました!」
まるで芸能人が来たかのような振る舞いだ。

続きを読む
page top
僕の秘密(3)
だって、脳を見るってことは
その脳は死者のものでないと。




そういう青木に薪は
軽くふんっと笑う。

続きを読む
page top
僕の秘密(4)
窓際の席に座って
眺めている姿は、こういうビジネスクラスに慣れている
のだなと思わせるような雰囲気を漂わせていた。

続きを読む
page top
僕の秘密(5)
ニューヨークというと冬の時期をイメージ
してしまう。

きっと

大学生のときに初めて行った海外旅行が
アメリカで、まさにニューヨークで、
友人との格安ツアーでのアメリカ旅行。
極寒の年。こんなにニューヨークは寒いのかと
いう印象が強烈に残っているせいだ。

いろんな人種が行き交う雑踏の中で
タイムズ スクエアを
ぼんやりと眺めていた学生の頃の俺。
続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。