「秘密」二次創作サイトです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
パリに生きる(1)
パリのドゴール空港に降り立ち
私は深く深呼吸をした。


パリに戻ってきたことを精一杯
実感したかった。


東京のあの治安の良さや
行きかう人の優しさは
とても居心地がよかったけれど。

空港に着いて
遠くから私たちに手を振る友人の姿を
見つけて胸が熱くなる。
続きを読む
スポンサーサイト
page top
パリに生きる(2)
とある昼休み。

すみれとボスの作業をするテーブルは
どこかからボスがもらってきたアンティークのテーブルだった。
とても大きくて、でも表面がところどころガタガタしている。

そこですみれは自分で作ったお弁当を広げ、
ボスは下敷きをひきながらデッサンをしていた。
フランスでも今にわかにお弁当ブームが来ているのだ。

続きを読む
page top
パリに生きる(3)
エアメールが届いていた。

中にはすみれからの手紙と
そして詮からの手紙。

そして、1枚の写真。


続きを読む
page top
パリに生きる(4)
彼は一瞬目を見開いて驚いた顔をした。

でもそのあとうつむいてから顔を上げたときには
この上ない笑顔でこういった

「すみれ。おめでとう。幸せになって」

少し遠慮気味に口に手をあてながら彼は
私を見据えてしっかりとした口調でそういった。
そう言うことが自分の役割であるかごとくに。


続きを読む
page top
パリに生きる(5)
好きだから
好きすぎてダメになることもある。


長町はそういって僕に乾杯といった。
いつものバーで二人仕事終わりに飲みながらの
席だ。


続きを読む
© 明日目が覚めたら 僕は. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。