FC2ブログ

明日目が覚めたら 僕は

- 「秘密」二次創作サイトです

20190422

桜と吹雪4
1時間後。

「来たかったところってここ?」

三人は東京タワーのメインデッキから
都内全方位を思う存分、見下げていた。


「うん。一度来てみたかったの」

そう言って
まだ幼さの残る表情で彼女は微笑んだ。
≫ more
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20190421

桜と吹雪3
まったく、なんで僕が・・


苦々しい思いで
助手席の大男を睨み付けた。

20分前までは。
この男に組み敷かれながら
苦しいほどの
愛情を一身に受け止めていた・・にもかかわらず。
≫ more
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20190406

桜と吹雪2
朝8時。
こんなに早く電話がかかってくるなんて
もしかしたら至急の事件かもしれない。

甘い時間が一瞬にして
遮られ
二人は浅くため息をついた


≫ more
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20190404

桜と吹雪
久しぶりの休日。
二人の暮らしも落ち着いて
日常を共有するようになって
何年経っただろう。

最上階から見える青空は
突き抜ける美しさだ。

近くの公園の桜も
満開だろうと思われた。
≫ more
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20190205

恋人
せっかくの休みなのだから。

そう言って薪は
淹れたてのコーヒーを
慎重に口に運ぶ。

こんなにいい天気なのに。

そう言って。
はだけ気味のシルクのパジャマを纏って。
薪は。
ソファに腰かけたままの青木の肩に手をかけ
中腰になったまま
青木の首筋にそっと唇を寄せた。

≫ more
trackback (0) | comment (2) | 番外編
  • 柏木 けい
はじめまして。

柏木けいと申します。
当ブログは秘密二次小説です。

清水先生および出版社様、
原作とはいっさい関係ございません。

大好きな作品「秘密」の諸先輩方の
二次創作の世界を知り
心が高鳴る経験をさせていただいてから
おこがましくも自ら
書いてみようと思い立ちました。

原作とは全く違うストーリーになりますので
お見苦しいところ多々あることと思います。
許していただける方のみご覧ください。